長期的な視点で考える白蟻駆除ならベイト工法がおすすめ

巣を壊滅出来る白蟻駆除ならベイト工法

白蟻駆除は長い目で見る~ベイト工法は最も効率的な駆除方法~

白蟻駆除において、長期的な視点を持つことは非常に重要です。特にベイト工法は、巣を根絶することが目的であるため、じっくり進める必要もあります。

ベイト工法の光と影

巣ごと根絶し、薬剤による被害も減らすことが出来るため、ベイト工法は白蟻駆除において非常に効率の良い、画期的な方法となっています。しかし、ベイト工法にもメリットばかりではなく、いくつかのデメリットも存在しています。まず、費用は高めになりやすい傾向にあります。定期的なチェックやベイト剤の補充も必要だからです。また、時間的な負担もありますし、白蟻の種類によっては、この駆除方法が適していないという可能性もあります。ヤマトシロアリはその代表的な例です。

駆除までの期間と費用について


ベイト工法の効果が現れるまでどれくらいの期間が必要ですか?
ベイト工法で、実際に白蟻が完全に駆除されるまでの時間は、家屋の状態や白蟻の状態によって異なります。短い場合だと、40日程度で駆除が完全に終了するケースもあります。平均だと、大体二か月前後で巣ごと駆除が終了するケースが一般的となっています。白蟻の特性や立地条件、業者のケア内容によっても期間は変わって来ます。
ベイト工法を採用する際にかかる費用について教えてください。
ベイト工法は、その他の白蟻駆除の方法と比較すると、全体的な料金が高くなってしまう傾向にあります。具体的な料金は、業者やプラン内容、建物の条件や広さによっても異なってきますが、長期的な管理が必要になってくることも考えると、一年目で八万円から十万円くらいが相場となっています。それ以降は管理費として、一回のチェックで大体一万円から二万円程度支払うのが一般的です。

白蟻駆除は長期スパンで考える

駆除作業

白蟻駆除は、目先の結果ではなく、長期的にトラブルのない根本的な解決が非常に重要になってきます。ベイト工法は、巣ごと餌で駆逐するという性質上、どうしても年単位のスパンが必要になって来ますが、その分高い効果を期待することが出来ます。薬剤工法であれば、効果も五年程度しか持ちませんが、ベイト工法は持続性が高く、かつ管理費も経年ごとに少なくなっていきます。

TOPボタン
ベイト工法のポイント|巣の壊滅を目指す白蟻駆除なら世界的に選ばれているベイト工法