白蟻駆除後にやっておきたい湿気対策には予防効果がある

巣を壊滅出来る白蟻駆除ならベイト工法

安全に出来る白蟻の巣対策~湿気を防ぐことが大切~

白蟻問題を起こさないようにするためには、巣が出来にくい環境を作ることが重要です。特に湿気対策は、白蟻駆除においてとても大切です。

白蟻の巣が出来にくい環境を知る

白蟻は光が苦手なため、明るい場所を好みません。また、皮膚が弱く、水分を豊富に必要とするため、乾燥している環境でも生存することが出来ません。さらに、風に当たることも苦手としています。このため、白蟻の巣が出来にくくするためには、風通しが良く、湿気が貯まらないようにすることが重要です。乾燥や換気の対策をすることで白蟻の侵入や営巣を防ぐことが出来るのです。

湿度を上げない方法

防湿シート
白蟻が繁殖しないようにするためには、湿気対策が非常に重要です。特に床下の湿気は、普段なかなか手が入れにくいため、工夫が必要です。防湿シートは、手間を節約して湿気対策を進められます。床下が土の場合、防湿シートを敷いて、土から上がってくる湿気で白蟻が住みやすい環境になってしまうのを防ぐことが出来ます。特に水分が多い土の場合、画期的な変化も見られます。
床下換気扇
床下換気扇を設置するのも、白蟻駆除の湿気対策としては非常に有効です。シーズンによって湿度が異なって来るため、排気型と吸気型を設置することで、より的確で効率の良い風通しを実現しやすくなります。住宅サービスや白蟻駆除の業者などでも床下換気扇の設置工事をしてくれるところはたくさんあるため、床下タイプと料金を見合わせて決定しましょう。

ターマイトボールも便利

ターマイトボールという菌は、近年注目を集めている白蟻対策のひとつです。白蟻の卵として錯覚されるため、これを発見した白蟻は巣に運んでいくことになります。卵として白蟻の巣で管理されることで、雑菌類から身を守ることが出来るターマイトボールには殺蟻効果が組み込まれているため、巣から駆逐していくことが可能となっているのです。この現象を利用したアイテムも多数市販されており、薬剤の使用に不安がある人から高い支持を集めています。

TOPボタン
湿気対策が大切|巣の壊滅を目指す白蟻駆除なら世界的に選ばれているベイト工法