根源の巣に働きかける白蟻駆除の工法を知ろう

巣を壊滅出来る白蟻駆除ならベイト工法

白蟻駆除は巣の壊滅が命~確実で効果的な工法~

シロアリ被害

白蟻駆除において、最も重要なのは根源の巣を徹底的に破壊することです。そのためには、どういった駆除方法が適しているのでしょうか?

白蟻駆除で大事なこと

白蟻駆除を完璧に終了させるためには、白蟻の大元である巣を缶螺旋に破壊しきらなくてはいけません。巣を駆逐しない白蟻駆除は、ぱっと見の問題は解消されていたとしても、根本的な解決にはなっていないと言って良いでしょう。白蟻の被害を今後ゼロにするためには、巣を絶対的に破壊出来るように工事を進め、その後の対策も講じなくてはいけません。

巣の壊滅に効果的な方法

白蟻駆除で巣ごと壊滅させるならベイト工法が最適です。(40代/白蟻駆除業者)

白蟻駆除を効率良く行うことが出来るのはベイト工法ですね。ベイト工法は巣がなくなることを目的としてすべての白蟻に薬剤が効くような仕組みとなっているからです。さらに、薬剤の使用量が従来の工法の1500分の1程度まで抑えることが出来るため、アレルギーの人やペットを飼っている家などでも安心出来る工事方法となります。

ベイト工法と薬剤工法の違い

白蟻駆除において、ベイト工法のほかに薬剤工法という選択肢もあります。どちらも白蟻駆除で使用されている工法ですが、安全性や持続性においては、大きな違いがあります。薬剤工法の場合、殺虫剤を白蟻被害があったポイントや家の基礎部分に撒くため、使用する薬剤によってはペットへの影響や強いにおい、アレルギーなどの懸念があり得ます。ベイト工法の場合、基本的に白蟻にだけ有効な餌を食べさせて巣に持ちかえらせるため、薬剤によるアレルギー問題を解決し、更に巣を丸ごと駆除することが可能です。

白蟻に負けない~巣を作らせないための工夫~

白蟻は駆除するだけではなく、今後二度と巣を作らせないようにすることも重要です。駆除工事の際には、以降の予防も徹底出来ると良いでしょう。

白蟻が巣を作る場所

害虫被害

一度巣が出来てしまうと駆除をするのが大変な白蟻ですが、実は生きていける環境が限られている生き物です。なぜなら白蟻は目が退化し、皮膚が乾燥しやすいため、風通しが悪く、暗くて湿気があるところにしか巣を作りません。このため、家屋の床下や浴室、洗面所といった場所は、白蟻が巣を作るのに絶好の条件となってしまいます。

巣を作らせない対策

白蟻の巣が出来ないようにするにはどうしたら良いですか?
白蟻の巣が出来ないようにするためには、まず湿気を貯めないようにすることです。家は常に風通しが良いように工夫しましょう。風呂や屋根裏など、湿気がたまりやすいところや、風通しを悪くしやすいところは特に注意して湿気対策をしてください。また、木材は湿気が蓄積されやすく、かつ白蟻のエサになりやすいため、家の周囲に不要な木材を置かないようにしてください。

お役立ちグッズも活用

ターマイトボールという菌は、白蟻駆除に大きな働きを見せてくれるものとして注目されています。このターマイトボールを使用した白蟻駆除グッズは多数発売されているため、被害が大きくなる前に積極的に取り入れていくと良いでしょう。  

TOPボタン
巣の壊滅を目指す白蟻駆除なら世界的に選ばれているベイト工法